NPO法人

秋田たすけあい

ネットあゆむ

ホームページをご訪問いただきありがとうございます。
どうぞごゆっくりご覧ください。
活動に共感いただけましたら、団体運営継続のため、
ぜひご支援をお願いいたします。

活 動 内 容 

食料支援
対象エリアは県内全域。個人はもとより、提供先は、行政や福祉事務所、域包括支援センター、母子支援施設、児童養護施設、他のNPO法人、こども食堂やフードパントリー実践団体と多岐にわたります。2022年から奨学金利用者を対象とした学生支援も行っています。

こども食堂
「おやこ食堂」という名称で活動を継続しています。もともとは食堂スタイルでしたが、コロナ以降は、ひとり親対象の月2回の弁当配布に切り替えました。スタッフの思いのこもった弁当は大好評で利用者はこの日を楽しみにしてくれています。

制服リユース
リユース事業は2016年にスタート。秋田市内の中学、高校の制服とコート、柔道着を、よつやクリーニング様ご協力のもと安価でお譲りしており(学生服1500円)喜ばれています。利用の際は事前に電話で在庫確認の上、ご予約をお願いいたします。

無料の学習塾
経済的な理由で、子どもを塾に通わせたくても通わせられない家庭、行きたくても行けない子ども達のために、毎週土曜日に無料の学習塾を開いています。利用枠が限られており、受験を控えたお子さんを優先しています。

フリースクール ラウム
様々な理由から学校に行くことのできない小学生から高校生までを受け入れています。毎日出かける場所があることが重要です。学校との連携も進み「ラウムの利用=学校への出席」と認めてもらえるケースが増えています。

放課後等デイサービス セカンドラウム
2022年スタート。放課後等デイではありますが、他に比べて珍しく、午前中から開所しており喜ばれています。発達障害のお子さんに向き合い、ひとりひとりに合った療育プログラムを設定、学習支援も行います。

ひきこもりの社会復帰支援
社会問題となっている若者のひきこもりは秋田でも増加傾向です。あゆむでは彼らの支援に取り組み、目覚めた力で秋田を支えてほしいと考えています。画像は、活動の一環で、皆で希少な桧山茶の苗を植えている様子です。

居住支援法人事業
(DVシェルター・緊急宿泊所)

あゆむには日々様々な問題を抱える方からのSOSが寄せられますが、その中でも急な解雇やDV、家族観トラブルなどで住むところをなくした方に、一定期間落ち着いて住むことができるシェルターを用意しています。

就労継続支援B型事業所 あゆむ
住むところをなくした方の居住支援や生活支援を行っていますが、その中には知的障害があったり精神疾患を患う方が少なくありません。そんな方達の自立の支援を行っています。

中央募金会

被害者やその家族等への支援活動助成  
2023年10月~2024年9月助成期間
相談業務・緊急宿泊所への受入・行政窓口同行・病院付添い等、被害者やその家族が抱える問題に寄り添いながら支援を行います。